2012/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
セミナー終了(3月7日)

3月7日の若葉保健福祉センターでの地域ねこセミナーは,
平日ともありながら約13名のご参加を頂き有難うございました。



千葉動物保護指導センターが用意して頂いた資料は,
 『センターに入ってくる犬や猫たち』
 『ふやさないのも愛』~環境省
 『住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン』~環境省



センターでのお話は各資料においてご説明をされました。
 
また、平成23年3月に発行された、
千葉市の、『猫と共に暮らすためのガイドライン』にある
地域ねこの定義・地域住民が飼い主の居ない猫を適正に管理するための
活動の例示のお話をされました。





 その中の資料の「センターに入ってくる犬や猫たち」の中のデータですが
毎年の収容数の多さに驚かされます。

 もちろん、その中には負傷動物もいますが無責任な飼い主の
申し出内容には呆れてものも言えない内容ばかりです。
 


 犬の処分数がかなり減ったとはいえ、いまだに助けきれない犬もいます。
そして猫ですが、収容数の多さです・・・譲渡の数は増えているとはいえ
助けられない猫の数にも驚きます。



千葉ねこからは、『ガイドラインの猫の歴史について』
 また、地域ねこ対策を進めるうえでの
『三者協働の意味・各地域での取り組み方』のご説明をさせて頂きました。

また、『やさしく猫よけ対策』のチラシもお配りしました。


 そして最後に、時間もあまりありませんでしたので
掻い摘んで「理解を得る」ということについて、
現場での頑張っていらっしゃる方々のお話をいたしました。



 3月14日の美浜保健福祉センターでのセミナーも
無事終了したとの報告も受け23年度は中央区を初めとして
各区において地域ねこセミナーが開催出来たことにより、
少しでも皆さんが各地域の問題としてとらえて頂き、
地域ねこ対策を進めていかれることを望みます。



 飼い主のいない猫ゼロ・猫に起因する問題ゼロを目標に
皆さんで、地域猫対策を行ってみませんか?

 

 
 


P1111_20120310224924.jpg

P12222_20120310225002.jpg
スポンサーサイト
 
プロフィール

猫おっかさん

Author:猫おっかさん
地域猫活動とは、
地域住民が主体となり、行政・ボランティア団体の三者協働で行う対策です。
野良猫にTNR(捕獲・手術・リリース)を行い適正に管理し、
共生しながら地域住民に合意のもと野良猫トラブルゼロを目指す活動です。
お問い合わせなどはブログ左下画面にある「メールフォーム」からお問い合わせください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。