2014/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
袖ヶ浦市ある地域の地域ねこセミナー
袖ヶ浦市のある地域において地域ねこセミナーを開催しました。
ここの現場は、千葉県の管理されている行政からお話があり
「ちょっと、揉めている現場があるのだけど」

とりあえず、委託されている管理者に直接お話しを
とのことで、後日現場を見ながら状況確認をしました。

やはり、エサやり禁止の立て看板があり
現場は、置きエサ等の汚さも目立ち、猫の手術もどうなのか
どうやら、エサやりさんは暗黙の了解でのえさやりの様子。

まず、エサやり禁止では問題解決にはならない事に理解を
頂きましたが、現場の人間関係はバラバラ
また、袖ヶ浦市のある現場では地域ねこが一人歩きをしています。

そこで今回は、地域ねこ対策を知ってもらうのとバラバラに
なっている人間関係がそれぞれ思うこともあるので
意見交換会を開くことになりました。

主催は、現場を管理する管理会社になります。
地域には、セミナーに向けての看板も立て、えさやりさんに声を
かけて頂きましたが、エサやりさんの出席者は一人でした。
本物のえさやりさんは、一人なのでしょうか?

関係者の千葉県の課長さん、主査さん、袖ヶ浦市の行政
君津健康福祉センターの方がご主席くださいました。

また、現場をきれいに掃除してくれている近隣の方も
ご主席頂きまして、地域ねこ対策についてお話しました。


その後の、意見交換会の時は、自己紹介もあるので
テーブルの位置を変えて囲むようにして話し合いをしました。

主席したえさやりさんは、5年位通っていたそうです。
一番長い人で10年だそうですが、管理会社の
私への初めの一言は
   「猫が増えている」でした

猫の手術費用は、エサやりさんが出していたようですが
すべての猫の手術は終わっていないようです。

エサ場所は、5~6か所、ねこの頭数は約40頭とのことです。

しかしながら、えさやりさが1名だけで意見交換も進みません
で大変残念でしたが、大事な三者協働がとれたことは
まず、大きな第一歩だと思います。

次へのステップを考えていますが、一番は遺棄犯罪を食い止める
事ですよね、何か良い案がございましたら、教えてください。

あとは、担当者をどのようにして決めて行くのかですね。

また、この現場のおいて、地域ねこ対策に協力して頂ける方
がいましたら、ご連絡ください。

宜しく お願いいたします。
33333_2014052421260181a.jpg

2222.jpg

111111.jpg
スポンサーサイト
 
プロフィール

猫おっかさん

Author:猫おっかさん
地域猫活動とは、
地域住民が主体となり、行政・ボランティア団体の三者協働で行う対策です。
野良猫にTNR(捕獲・手術・リリース)を行い適正に管理し、
共生しながら地域住民に合意のもと野良猫トラブルゼロを目指す活動です。
お問い合わせなどはブログ左下画面にある「メールフォーム」からお問い合わせください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。